偽装一例

※写真はバトルランド様にて夏撮影

サバゲーで生き残るテクニックの一つとして偽装があります。

野外フィールドではかなりの効力があります。

ポイントをお伝えするので、是非野外フィールドでやってみてはいかがでしょうか?

①常緑針葉樹を使用する。(桧、アスナロ等)

日本の山林の特性に合わせることができます。また、虫があまり着いていない場合が多いです。戦闘向きなのは、枝を切った後も生命力が強いのでなかなか変色しない。また、針葉樹なので、葉っぱの裏側も白くなりにくく偽装していても目立たない事が挙げられる。

自衛官時代に偽装の葉っぱを何度も付け加えなくても良い方法がないか?と研究した結果、私の中では最高の偽装素材でした。
また、冬場はやや茶色になるので冬にもおすすめです。

欠点…桧花粉持ちの方は花粉の季節気をつけてください。頭から花粉が…とならないよう気を付けましょう。

②頭部の丸み、肩の輪郭線を消すように配置しよう。

人間が人と認識するポイントとして肩から上、丸みを帯びた部分で認識すると言われています。現に、自衛隊の射撃の的は伏せたマンターゲットになっています。

ですので、肩と頭部さえ偽装して伏せていれば交戦距離10メートルでも発見は困難な場合があります。

ただし、偽装するにあたり自分の行動を制限してしまう偽装は慎むべきかと思います。(弾倉取り出し操作や、視界の制限等)

最後に注意点としましては、花🌸等目立つカラーの物は避けましょう♪(o・ω・)ノ))

あと、松類は松ヤニ出ますのでヘルメットカバー、衣類等のシミの原因になります。

更には、漆類の葉っぱは、肌が被れたりするので厳に慎むべきかと思います。(茎が赤いものは、危険です。)

以上を踏まえ、自衛隊プレー、偽装プレーをやってみてはいかがでしょうか!щ(゜▽゜щ)

R・T・Tサバゲー特設サイト

teamR・T・T (Rifle.Traning.Team)

0コメント

  • 1000 / 1000